お問い合わせ パラリーガル(法律事務職員)WEB
パラリーガルについて知る

パラリーガルについて知る

パラリーガルとは

『パラリーガル』という言葉は、世間一般的にまだまだ浸透していないかもしれません。
しばしば「弁護士秘書」や「法律事務員」とも言われるパラリーガルは、「弁護士の指示・監督のもと法律業務を行う法律事務専門職」です。
弁護士のアシスタントとして、業務のサポートをすることがパラリーガルの仕事です。

パラリーガルとして働くために特別な資格は必要ありませんが、実質的には法律に関わる様々な知識が必要です。

知ることの重要性

テレビドラマや映画で見る世界の影響で、「法律事務所で働くって何か面白そう」とか「かっこいいかも」と思われる方も多いのではないでしょうか。
夢や憧れから職業を選ぶことはよくありますし、「パラリーガル」という仕事に興味を持ったきっかけがテレビや映画でも全く問題ないのですが、イメージだけで就職してしまい実際に働いてみたら「何か違った...」とすぐに辞めてしまうような不幸に見舞われる可能性もあります。

ここでは、パラリーガルの具体的なお仕事内容や、実際に法律事務所で働く方からのコメント等を掲載しています。
「パラリーガルとは何か」を知って、これからの職業選択の参考にしていただけると幸いです。

リーガルフロンティア21 / 法律事務所求人ナビ / 弁護士サポートJP / 裁判所周辺マップ / 企業法務サポートJP
[法律相談]法、納得!どっとこむ / 知って納得!離婚どっとこむ / みんなで納得!法律Q&A / 弁護士・法律事務所データベース

ページトップへ